借金満タンで金融機関からお金が借りれない人5万円足りないから今すぐに3万円だけでも借りたい人のためのお金を工面する方法

どうにかお金を工面する方法

お金 工面 生活資金

  1. お金 工面 生活資金
  2. 収入がある方のお金の工面方法
  3. 無収入でお金を工面する方法
  4. 学生がお金を工面する方法
  5. お金の工面はこうして作る
  6. 役所でお金を工面する方法
  7. お金を調達するには
  8. どうにかしてお金を工面する
  9. なんとかしてお金を調達する
  10. 消費者金融会社で借りる
  11. ブラックでも借り入れできる?
 
 

お金 工面 生活資金

生活資金が足りない時、社会人であればお金の工面を考えるでしょう。実家暮らしであれば自分だけじゃなく親の協力もあるので、お金が足りないなんて事はそう多く無いと思います。

だけど、一人暮らしや配偶者と生活しているなどであれば、自分達で何とかお金の工面をしなければ生活していくのは厳しいでしょう。自分がもし片親であれば生活保護などが受けられるかもしれません。

しかしながら、周囲からの目も気になったりするのであれば、この方法はあまり好まれるものでもありません。お子さんがいれば後にかかる入学費用などもあるでしょうから、こんな時に頼りになってくる方法と言えばカードローンかもしれませんね。

やはり、急な出費や生計を立てる為に必要となってくるお金の融資を受けるべきなんだと思います。生活費や家賃の事なども考えると、今の状況でのやりくりはとても大変なものがあるでしょう。

返済がしっかり出来ると思えるのであれば、何よりキャッシングしかないですね。今後の事も考えて、新しく利用出来るカードローンを検討しておくのが一番良いのかもしれません。毎月の支払いなどもあると思うので、公的融資はお金の工面で絶対に欠かせないでしょう。

後は審査に通るかどうかにもよると思いますが、恐らくバイトをしている人であればお金が借りれるので、貸付に関してはそんなに心配する必要性はないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

収入がある方のお金の工面方法

お金の工面をしたい。ここで、収入の有無で選択肢が分かれます。
現在、生活している財源が収入である場合は、貸付の方法があります。
ここでは貸付でなんとかできるかを考えてみましょう。
 

カードローンの利用

収入が安定しているのなら、今だけカードローンの申し込みの提案です。
消費者金融なら総量規制範囲内ですが、一時的に簡単にお金を工面することができます。

クレジットカードのキャッシング枠も同様です。
金融機関の銀行カードローンでは、即日融資はできないですが、消費者金融より低金利のキャッシングも可能です。
 

 

カードローンで借りれない

貸付をしてもらえない、審査に通らない状態であれば、大手消費者金融、中小消費者金融の順で甘い審査の金融業者のはしごもありです。
収入がないと利用ができないことですが、返済ができないようであれば、最初から申し込みはしない方が良いでしょう。
中小消費者金融の審査に通らない、そんな事態の前に貸付でのお金の工面は検討されないことです。
 

ここで注意

収入があると借りれる。
中小消費者金融がダメなら、誰でも借りれる闇金。
ここに足を運ぶ方も存在していることは否定できないです。
原則審査なしで、少しのお金を貸してくれそうなことがあります。

しかし、闇金とソフト闇金、個人間融資に関しては、金利が高いばかりではなく、金融業者ではないため、返済でトラブルが多いです。
中小消費者金融で審査落ちの方は、今回のお金の工面は貸付では考えないことです。
 

 

では、どうする?

収入がある。
これが大きなメリットであり、なぜ今お金の工面なのかを考えてみましょう。
もし職場がフレンドリーなら前借りの方法もあります。
現在借入をしている状態なら、直接返済を待ってもらう方法もできます。
若い方で奨学金の返済をしている場合でも、話せば対応してくれるのです。

ローンカードに関しても、延滞するくらいなら、契約変更で返済負担を小さくしてくれることもできます。
とにかく、収入があり金融業者ときちんと返済交渉をすることで、貸付でお金は作れないけれど、出ていくお金を調節することはできます。
まずはこの方法を考えてみてください。
 

それでもダメなときには

債務があるときには、債務整理の方法が妥当です。返せないからお金を工面する。
それで今だけではなく、多分継続的になってしまうのであれば、債務整理は早いスタートがオススメです。

もし、その借金が配偶者や家族に気づかれないうちになんとかしたいのなら、弁護士などに相談してみてください。
無料相談もありますが、敷居が高いのなら役所などでも相談ができます。
生活福祉資金貸付制度もありますが、収入がある方で借金が原因だと、債務整理が先になります。
 
▲メニューに戻る
 

 

無収入でお金を工面する方法

お金がない原因が無収入だから。
それは、今までは仕事をしていたけれど、病気で仕事ができない、リストラにあった失業者。
もともと何もしていないなど、無職の方のお金の工面の方法を考えてみましょう。
 

生活はできている?

根本的に自立ができないのであれば、役所での生活保護の申請が妥当です。
生活福祉資金貸付制度に関しては、借金がない低収入の方のためのものです。
金利もつく制度であり、無収入ではしっかりとした保証人がなくてはならないです。

カードローン審査のような形ではないのですが、審査もあります。
無収入の場合、ローンカードでは借りられないので、金融カードローンの選択肢はないです。
 

 

生命保険はある?

生命保険の中でも解約返戻金があるものなら、契約者貸付ができます。
または、定期預金があっても貸付ができます。
こちらも金利があるものですが、生命保険、預金を担保にして、9割ほどの貸付ができます、

特徴としては、審査がないので、収入がない方でも借入ができます。
返済をしなかったら、生命保険も預金もなくなってしまうだけの話しです。
キャッシングの形ですが、金利は低くカードローンより返済は楽です。
 

年金受給者

こちらも年金からの借入ができます。
既に年金の支払いをしている状態で、事情次第によっては、いくらか借りれる様になっています。
将来受け取るお金の前借りですが、特に病気などの場合は、すぐに役所に相談に行くことで、生活のめどが付きます。

福祉関係では、生活保護が第一の方法ですが、それには審査もあり時間がかかります。
そして、生活保護ではこれから借金ができない生活になってしまう縛りが生じます。
甘んじているのは良いのですが、ある程度生活の限定されるデメリットは大きいでしょう。
 

 

働きましょう

身体的な悩みがないのなら、日払いバイトなどを探しましょう。
お金の工面で、収入があれば借りれるところは多いですが、収入がないのなら、働くことから始めます。

家でできる在宅ワーク、日払いバイトの種類も豊富です。
役所などに相談をした上で、働けるのなら、何かしらの収入を得ることが必要になります。
借り入れは、収入を持ってからの話しであり、まずは働ける方は、何かを始めることが大切です。
 

無収入だけど多重債務者

いろいろな事情から、現在多重債務者でその返済ができない。
これは間違いなく債務整理で、自己破産がオススメです。
こちらも役所や弁護士に相談をすることで、きちんと片付けることができます。

無収入なら自己破産の免責が降りる可能性が高いですから、リスタートにはピッタリの方法です。
債務整理、自己破産と聞くと後ろ向きの言葉ですが、お金の工面という観点では、前向きの行動です。
 
▲メニューに戻る
 

 

学生がお金を工面する方法

学生さんのお金の工面の方法では、親に頼るのが一般的です。
ところが、親には頼る事ができない事情もあります。
そんなときには、なんとか自分で工面しなければならないですが、未成年者は、自分ではできないです。
原則学生の身分では、20歳を過ぎていないと行動は難しいです。
 

学生ローン

学生しか申し込みができない学生ローン。
事情を話した上で、親が保証人になる場合と本人が契約する場合があります。
本人が契約では、20歳以上で収入がある方、アルバイトなどをしている方です。
借り入れは少ないことが多いですが、返済に関しては、カードローンより柔軟です。

大手消費者金融カードローンは学生アルバイターも契約ができますが、多分学生ローンの方が審査も返済も良いです。大学近くには老舗の学生ローン業者が多いですから、相談をしてみてください。
 

 

奨学金の返済

こちらも学生でアルバイトをしながらの返済では、返済猶予なども対応してくれるはずです。
親にも相談ができないのであれば、本人が直接話しをしてみる方法もあります。
奨学金は、退学をしてしまうとすぐに返済をしなればならないので、ここはがんばりましょう。
お金の工面と学業で大変ですが、学生ローンなどでなんとか凌ぐことです。
 

親の立場として

学生本人は大変ですが、親としても教育ローンの支払いが出来なくて、工面しなくてはという方もいます。
親が失業者になってしまったとか、収入がない場合は、教育ローンの債務整理を含めた方法があります。
条件はいろいろですが、既に契約できたローンの債務整理は可能です。

少しだけ払えないのであれば猶予もあります。
そして、年齢的に厳しいときには、対応もありです。
弁護士などに相談をしてみてください。

親子でお金の工面をしなくてはならない場合、親の債務整理で、子供に援助というのはある程度仕方のないことです。親としては、子供を助けたいということもありますが、子供のほしいお金が遊興費の場合は、いただけない話しです。どう対応するかは、親子関係、家庭内の問題になります。
 

学業は大変だけど

奨学金、教育ローンなどは世間的にも問題になっています。
しかし、入学してしまったのであれば、なんとか卒業までは頑張ってほしいものです。

ただ、学生の出費が、飲み代に消えるとか、ブランド品の買いあさり。
それはアルバイトなどをして、借りずになんとしてもらいたい部分です。
親に内緒で遊び歩き、というのも多少は仕方のないことですが、行き過ぎは厳禁です。
22歳で債務整理というのは、なんともリスタートにしては早熟過ぎます。
 
▲メニューに戻る
 

 

お金の工面はこうして作る

収入がある方もない方も、お金の工面方法で共通していることがあります。
借りない、作るです。
 

買取業者の存在

家の中に売れるものを探します。
ブランド品があればてっとり早いですが、ゲーム、書籍でも何でも良いので売れるものを確認してみてください。
それでいくらかお金になれば良いでしょう。働かない、あるものを売るのが妥当です。

売れるものと言えば、生命保険は保険料を支払っていて、掛け捨てではないものは、契約者貸付ができます。
これも返済のめどが立たない場合は解約。いわば売れるもので、定期預金も解約でお金を作ることができます。
モノだけではなく、金目のものがあればお金は工面できます。モノは失うことになりますが。
 

 

働く

仕事をしている方はWワークで、無職は単に収入を得ます。
このとき、公務員などでは法律に抵触してしまうのですが、日払いバイトなどで、お金を作る形が妥当です。
無職もいきなり普通のアルバイトができない場合の日払いバイトはオススメです。
お金の工面では売れるものがないのなら、体でお金を作るしかないでしょう。

日払いバイトでは、地域に応じた方法がありますが、会社や人が多いところほど豊富です。
地方に行くと簡単に探せないのですが、フリーペーパーやハローワークで相談ができます。
 

在宅ワークも

日払いバイトができないときには在宅ワークもあります。
家で行う仕事で、物品があるとしても宅配便で対応してくれるところがほとんどです。
パソコンやスマホがあれば、働ける環境もあり、在宅ワークは場所や地域は無関係です。

ただし、在宅ワークでは即金ができない場合が多いですが、ここは要相談です。
納品をきちんとしていけば、即金の払いをしてくれる場合もありますから、言ってみる価値はあります。
 

インターネットで探す

この方法は貸付に似ています。返済が必要な内容ですが、審査はないです。
その変わりモノや体を必要とします。モノをスマホで撮影して、買取を依頼。
このときに買い取ってもらうだけではなく、それを担保にして最大2万円程度の借り入れができます。
質屋の感覚です。

この2万円は、決まった期日内で金利を付けて返済をするか、モノを送ります。
金利はカードローンよりも高いですが、とりあえず質屋でお金を借りることがスマホで完結です。
貸付の形ですが、返済できないときには買い取ってもらえるシステムです。

また、体というのは、◯◯してほしいという要望に対応します。
ゲームの攻略法、英語を教えてほしい、愛犬の散歩など多種多様です。
こちらは体を使うバイトですが、相手は個人です。

決まったお金で交渉をするのですが、アルバイトの形ではなく、自分ができることで現金入手が可能です。
ただし、まだ形が不安定で、現金トラブルも多いのは現状です。
 
▲メニューに戻る
 

 

役所でお金を工面する方法

お金の工面でカードローンで借りられない。
収入はあるけれど、カードローン審査も通らないので、消費者金融も金融機関も借りる事ができない人もいます。
融資を断られる方では、多重債務者や債務整理者などもいますが、借金なしでギリギリの生活をしている方もいます。収入を得るために今以上は働けない。それは身体的だけではなく精神的な障害もあります。
 

障害年金の選択

一応障害があると、年金受給者になることができます。
病院での診断になりますが、貸付ではないので、年金の形で返すことがないお金です。
これはどのような立場でも受けられる内容で、収入の有無は関係ないです。
無職でも大丈夫です。
 

 

役所で聞いた生活福祉資金貸付制度

こちらは無利子で最大10万円の小口資金が受けられます。
国の制度ですが、低所得者層に対しての内容です。その他、緊急でどうしてもお金が必要なときに使えます。
ただし、必ず返済が義務であり、無収入の方の利用ができないです。

また、借金はあったとしても、そのときの事情ですが、多重債務者などは該当しないです。
そして、日常的に利用はできないです。

今だけ大変ということが理由の一つであり、無収入で働けないとか、借金返済などはNGです。
国の審査が入りますが福祉的な観点のものです。災害や不当なリストラなどで、すぐに返済可能な方が対象です。
 

福祉金庫、生活福祉資金貸付制度

これらは社会福祉協議会などが中心になっています。
貸付ですから返済をするのですが、どうしても必要なお金が、借金なしで、生活困窮者を対象にしています。
ですから、働けるのに働かないとか、多重債務者で債務整理目前で貸してほしいと言う動機は審査落ちです。

福祉で言えば、体を壊して今だけ働けないという方用のお金です。
債務整理後の生活ができないというのなら、生活保護になります。
借金なしが原則です。

生活保護については、無事に収入ができればいつでも切ることができます。
そうしてまた、カードローンなどができます。
一時的になんとかしてほしいと言うときには、審査次第で対応は可能です。
 

借金でお金の工面

カードローンで借りられない。それは多重債務者だからというのなら、債務整理です。
中小消費者金融でも審査落ちで、あとは闇金しかない場合にはさっさと債務整理をしてしまうことです。
国や自治体では、働けない方に対しての福祉的な金銭はありますが、原則返済義務があります。
完全無収入なら、生活保護ですが、借金があると相手にされない内容です。

ですが、本当に大変なら、相談にはのってくれます。
借りグセがついて闇金に行くのなら、役所に向かうとをオススメします。
ダメ元でも何か方策があるはずです。
 
▲メニューに戻る
 

 

お金を調達するには

お金が必要なときの調達方法は意外と探せばいくらでもあるものです。緊急性がなく今すぐお金が必要というわけではないときは、家にあるものをネットオークションに出品してみるのもいいでしょう。

自分には不要品であっても、日本全国の人を対象にしているので、その中にはその出品物を必要としている人がいるでしょう。そういった人が何人もたいたら入札の競合が始まり、思わぬ高値で落札される場合があります。そういったこともあって、ネットオークションははまれば大きくお金を稼ぐことができます。

それでも、仕入れてオークションに出品するわけではなく、家にあるものを出品するので、言うまでもなく出品するものがなければそこで終わりです。ですから、一過性のものと思わなくてはいけません。他には昼間の仕事もあるので、夜に副業でバイトをしてお金を稼ぐという方法もいいでしょう。しかし、この場合は体力勝負となるので体力に不安のある人は、注意したほうがいいです。

他にも生命保険の積み立て型を行っている場合が積み立てたお金を担保にして、生命保険会社から契約者貸付けを受けることができます。この場合は積み立てたお金の何割かになるのですが、その金額が多ければ多いほど助かるでしょう。もっとも借りすぎてしまって、返済が滞ってしまえば、その時点で生命保険は強制解約になってしまうので注意が必要です。

いずれにしてもお金がすぐに必要でなければ、いくらでも手がありますし、自分の力で働けばなんとでもなります。どのような場合でも努力が必要になりますが、そこはがんばるしかありません。

すぐにでもお金が必要となった場合は、銀行か消費者金融会社に頼りたいところですが、少額でよければ友人知人を頼る様にするのも良いでしょう。友人知人に頼るお金の相場はいくらくらいが妥当なのでしょうか。それは自分の胸に手を当てて考えてみましょう。というのも自分が友人からお金を貸してくれと言われた場合にすぐに出せるお金がいくらかというのを考えてみるのです。その場合、財布の中にあるお金を考えると3万円という数字が出てきます。

もちろん自分にそのお金が無いから友人にお金を借りるのですが、どのくらいが無理なく気軽に貸すことができるかを考えたらこのくらいの金額が出てくるのです。ですから、3万円というのが友人にお金を借りる際の相場といっていいでしょう。友人に3万円の用立てをしても快く出してくれるでしょう。というよりもいくらのお金でもなんとかしようとしてくれるはずです。その中でも出しやすいお金の相場が3万円ということです。

ですから、借りる側としては事前に借用書を用意しておくといいでしょう。本来なら貸す側が借用書を用意するものですが、恐らく友人は借用書を用意しないでしょう。なので、誠意を見せる意味でも借りる側が借用書を用意するのです。貸す側にすると水くさいと言いながらもかりる側の誠意を感じ取り、快くお金を貸してくれることでしょう。要はそういった気持ちが肝心でお金の貸借りをする場合は、貸す側も借りる側も気持ち良く貸借りができるということが大切なのです。

そして、返済については給料日に一括で返済するように約束しましょう。一括でなくても返済方法を具体的に説明しておくことが大切です。約束ですから、友人知人の間といっても確実に守らなければいけません。また、3万円以上の高額となる場合は、ここは友人にたよるよりも身内に頼ったほうがいいでしょう。友人に頼めばなんとかしてくれるかもしれませんが、それはしないほうがいいでしょう。ですから、友人から借りるのは3万円までで、それ以上でしたら、身内からお金を借りるようにしましょう。

もっとも身内だからといってお金が潤沢にあることもないでしょう。借りにあったとしてもそのくらいの額で身内に頼るのも気がひけるかもしれません。身内に頼るのはもっと大きなお金が必要な時がいいかもしれません。ですから、そういった場合になると、ここで銀行や消費者金融会社といった金融期間や貸金業者が出てくるのです。

お金を借りるとしたら金利の低い銀行カードローンのほうがいいでしょう。返済利息が少なくて済むので銀行カードローンでお金を借りるほうがいいでしょう。とはいっても気軽に銀行カードローンを借りるといっても難しい面があるのです。というのも、銀行カードローンの審査基準は厳しくて誰でも気軽にお金を借りることができるわけではないのです。銀行カードローンは金利が低くとても借りやすいのですが、返済が楽な反面審査が厳しいというデメリットがあるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということが大きいです。銀行としては大切な預かり金を貸し倒れになるわけにはいきませんから、審査が自ずと厳しくなるということです。

また、銀行カードローンの融資の申し込みをすると銀行の審査と銀行と提携している保証会社の審査も受けることになります。これはなかなか公にはされていないのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行と保証会社の二つの審査を受けることになります。同時進行ですから、審査時間に影響があるわけではないのですが、当然ですが審査は厳しいものとなるのです。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行への返済に対して返済不能となったときに、銀行カードローン利用者に代わって、残りの債務の返済を行うのです。その後、立て替えたお金は銀行カードローン利用者である債務者に請求がくるのです。誰でも金利の低い銀行カードローンからお金を借りたいのですが、銀行カードローンにもデメリットがあります。金利の低い銀行カードローンのデメリットとなるのは、即日融資に対応していない点です。

これはすぐにお金が欲しい人にとっては銀行カードローンを利用できないということですから、致命的です。即日融資ができないのは、銀行カードローンに融資の申し込みをすると申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけなくなったのです。不正融資を防止するための施策なのですが、その照会情報が戻ってくるのが翌日以降になるのです。ですから、物理的に銀行カードローンの即日融資はなくなりました。

消費者金融会社にはこの警察庁のデータベースにアクセスする必要はありませんから、即日融資には依然として対応しています。ですから、即日融資を受けるためには消費者金融会社のカードローンしか道はないということになるのです。少しでも時間や日にちに余裕があればいいのですが、急な出費というのが多いですから、そのときは消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手はいいということになりますね。
 
▲メニューに戻る
 

 

どうにかしてお金を工面する

カードローンを借りるにしても、カードローン審査に通らなければいけません。銀行カードローンの審査は厳しいですし、消費者金融会社のカードローンのほうが属性が低い人でも借りやすいでしょう。銀行などの金融機関でしたら、審査にさえ通れば返済利息も少なくていいのですが、消費者金融会社のほうが現実味があるでしょう。

お金をなんとかして工面したい場合、お金を借りるにしても無職の人でしたらお金を借りるのも一苦労ですし、なんとかして生活費を調達しないといけないでしょう。収入のない人には原則として銀行や消費者金融会社からお金を借りることはできません。仮にお金を借りることができたとしても、収入が無ければ返済ができないのですから、無職の場合はお金を借りないほうがいいでしょう。

先々の返済計画を立てることができないのでしたら、返済不能になってブラックになってしまうのが関の山でしょう。ですから、お金を借りることも大切ですが、職に就くのも先決です。

いずれにしても属性に関係なくお金を貸してくれるところがあるとしたら、それは闇金なので気をつけなくてはいけません。無職の人にお金を貸してくれるところはないからです。少しのお金でも生活費のあてにしたいのでしたら、行政に頼るのも一つの方法です生活福祉資金貸付けという制度があるので、市役所などに問い合せるといいでしょう。ただし、すぐにお金を借りることはできずに所定の手続きが必要となります。
 
▲メニューに戻る
 

 

なんとかしてお金を調達する

基本的には消費者金融会社や銀行で借りるといいでしょう。銀行カードローンの審査が厳しいので、受け皿的な存在として消費者金融会社のカードローンがあります。審査が銀行カードローンよりも緩いでの誰でも借りることができると思いがちですが、消費者金融会社の中では大手消費者金融会社のカードローンの審査が一番厳しいです。ですから、複数の借り入れがあったり延滞履歴があると、大手消費者金融会社のカードローンの審査も通らないでしょう。

また、無職の場合でも専業主婦の場合でしたら、配偶者貸付けが利用できます。借りる場合の審査は世帯主の属性になるということです。この場合お金を借りるということが世帯主にバレるので注意したほうがいいでしょう。消費者金融会社のカードローンで借りる場合は、総量規制の対象になってしまうのでその点にも注意したほうがいいです。

総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないというもので、消費者金融会社のローンのみ対象になります。ということは銀行カードローンからの借り入れは対象外ですから、最初の属性のいいときにできるだけ銀行カードローンから借り入れしておくといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融会社で借りる

消費者金融会社のカードローンのメリットは、申し込み方法が多彩なところです。店頭からの申し込みはもちろんなのですが、Webからの申し込みができ、さらにWeb完結といって郵送物が一切届かない申し込みも可能です。その際のローンカードの発行もないので、スマホなどを利用してカードレスでコンビニATMからのキャッシングができるようになっているのです。

他にも提携しているメガバンクの行内に設置してある自動契約機での申し込みも可能ですし、全国各地に設置してある無人契約機が利用できます。これは24時間365日稼働しているもので、いつでも申し込みができます。

特に当日の22時までに手続きを済ませ、審査に通ることですぐにローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。即日融資で確実に借り入れしたいのでしたら、現時点では大手消費者金融会社のカードローンが一番です。
 
▲メニューに戻る
 

 

ブラックでも借り入れできる?

返済不能などでブラックになった人は、銀行や大手消費者金融会社のカードローンの審査には通らないでしょう。一方で中小消費者金融会社や街金といった小規模な消費者金融会社のローンでしたら、審査に通ることがあるようです。

それは一部の中小消費者金融会社や街金が、信用情報機関を通さない独自審査を行っているからです。過去よりも現在の属性を重視するので、電話による在籍確認や収入が証明できる書類を提出することで審査に通ることが多いです。

ブラックの人でも必ず借りることができるというわけではありませんが、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ち他場合は、中小消費者金融会社や街金に融資の申し込みをするようにしましょう。

 
▲メニューに戻る